写メ日記 | 風俗業界の裏話 4

風俗業界の裏話 4

2020/09/17 04:21:59

  • 風俗業界の裏話 4
 
 
君が
いつか
話した
 
あの
夢を叶えて下さい
 
 
それしか言えない
 
それ以上の感情も
君にはない
 
もう
君には
何もできないから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
→続き
 
 
 
 
社長からのコメントで
 
この子は最初から
実力があり
天才風俗嬢

書かれていた
 
 
 
雑誌を
見た瞬間
 
あんなに
最初私を
散々な扱いしたのに
怒りが湧いてきた
 
 
 
 
事実と違う、、




しかも
顔なんか
私が
ブスなのもわかるが
 
 
かなり
修正されて
もはや私じゃなかった

 

くらい
ひどかった
 
168センチ42キロて!
私168の48キロだぜ
 
 
 
 

 


中村さんの
手柄を
社長が全て
奪ったのだ



↓当時の私だ
じゅりには許可をとり掲載
 

 
 
中村さんに
アドバイスされ
日記を書いた時
 
店から
消されなかったのは

(∀){彼女はすごくいい子、誤解されやすいだけで僕が責任を持つ

中村さんが
店に謝って
 
さらに私が
日記を書くたび
 
 
自由に日記書かせたらいいよ
ただし
あの子が
うちの品位を落とす
変な日記を書いたりするたび
中村から給料落とすから


社長に言われていた
事実を
 
(´ω`){もう我慢できません、中村は
ほんまにあなたのこと考えていた
 
 
ある従業員さんから
聞いて知った



私が知ったのは
遅すぎた
 
もう中村さんは
お店から消えていた

連絡も着信拒否されていた
 






ねえ中村さん
 
私勝ったよ
 
勝ったんだよ
 
なのに
あなたがいないなんて
 
 
 
負けだよ
 
 
 
 
 
 
 
 
と、話せば
綺麗な話だが
 
 
 
 
 
 
この話が
全く裏になる


まさか
悪人が
あの人だった



そして
味方が
まさかの
人物だった


読み返すとわかる話ですが
 
 
この話は裏返る
 
 
本当は
誰が、悪人か。
いや
悪人ではない


私も悪人だった

騙した人物が
誰か。
 
 
 
きついことを
いいながら
味方だった
誰か




あの優しい人の
目的は何だったか
 
 
 
 
 
すべて
最初から
裏返る


最初からあの歌を聞きたい
って
リピートして
また
聞くように


最後にあの
ラスト




それは
 
 
 
 
 
 
→続く